読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

えっ!深呼吸で?

先日、作業療法士の若い先生から深呼吸の重要性を教えてもらったんですが・・・知らなかった事がいっぱいありました。

聞いたことを思いだしネットで調べてまとめてみました。

【深呼吸の力】

イライラしたり精神的に不安定になったり、身体の中の細胞が低下するので疲れやすい。

それは体内の酸素が不足していることが原因のひとつ。

深呼吸をすることで酸素を体の隅々まで届けるし精神面、体力面の疲労も和らげることが可能になります。

また、ゆっくり深呼吸をするとリラックスホルモンであるセロトニンが増加するので、精神的な疲れの回復にも効果があります。

リラックス神経である副交感神経が活発化されるので、代謝バランスが改善されたり、血液がサラサラになったりなどの効果もあるそうです。

普段ほとんど深呼吸なんかせえへんからイライラすることが増えたんかなぁと思いました。

【深呼吸の重要性と効果】

深呼吸はリラックス効果やストレス解消、精神を落ち着けることで緊張や不安、落ち込みなどの症状を緩和してくれるので深呼吸をすることがいかに大事なことか解りました。

スポーツ選手が試合前とか私達が何か行動をするときに深呼吸をするのは気分をリラックスさせて落ち着くのに自然にしていましたが、身体は酸素を必要としていたんでしょうね。

★深呼吸をすると★

●自律神経のうち交感神経の働きが弱まる。

●副交感神経の働きが強くなる。

交感神経はストレスがある時や緊張している時に働いていますが、副交感神経は、休息やリラックスをしている時に働きます。

深呼吸によって副交感神経の働きが強くなれば、リラックス状態へ切り替えることが出来ます。


深呼吸をすることで細胞が活性化され、体の隅々まで酸素を送り込むことが出来る疲労回復。

就寝前に深呼吸をすることで酸素が全身に行き渡りリラックスすると副交感神経の働きを強くすることが出来る快眠効果。

腹式呼吸による呼吸法で基礎代謝がアップするとダイエット効果も。

深呼吸によって自律神経をコントロールすることができ成長ホルモンの分泌を促し、肌の新陳代謝促進に期待が持てる美肌効果。

深呼吸をすることで肋骨や鎖骨が自然と動くので、周囲の筋肉をリラックスさせることが出来る肩こり解消効果。

深呼吸をすることによって横隔膜が内蔵を刺激することで、腸の動きが活性化され血行が良くなることから便秘、冷え性の改善にもいい。

★深呼吸の基本

●姿勢に注意
寝て行う場合→仰向けに寝て、身体全身の力を抜きます。
座って行う場合→背もたれのあるイスに、斜めに座って全身の力を抜きます。

●一呼吸は15秒ほどが望ましい
息を吸ってから吐くまでの時間は、最低12秒~15秒ほどが望ましいです。あまり短いと深呼吸の意味がなくなるのでご注意ください。

●1回10セット
一呼吸12~15秒ほどの呼吸を1セットとして、10セットしてください。大体、10セットを2分ほどで行うのが目安です。もし早く終わってしまった場合は、深呼吸の秒数が足りない事を意味しますので気を付けましょう。

腹式呼吸のやり方

深呼吸は、普通の呼吸法ではなく腹式呼吸だと覚えておきましょう。では、簡単に出来る方法をご紹介します。

・鼻から息を吸って、お腹を膨らませます。この時、まだ余裕を持たせておきましょう。

●そして、いったん息を止めます。

●さらに、鼻から息を吸い込んでお腹を最大限に膨らませます。

●最大限に膨らませたら、鼻からまた息を出します。

できる時に自分ペースで!

HAVE A NICE DAY
SEE YOU